1. HOME
  2. 東山魁夷主要作品
  3. 自画像

自画像

自画像

1923年
少年期の終わりに、幾度かためらいながらも、画家になる決心をして、神戸を離れ、東京美術学校に入学した。
〈「心の鏡」『日本の美を求めて』講談社学術文庫〉

私の通った中学校は、スパルタ式の教育方針で、その厳格な鍛え方の中には、その反撥としてであろうか不思議に甘美なものへの傾倒を誘うものもあった。この少年時代は未だ非常に漠然とはしていたものの私の人間的生成に大きな影響を与えたようだ。
〈「風景巡礼」『芸術新潮1957年7月号』新潮社〉